スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連カテゴリー シェアしてくれるとうれしいです♪クリック

ブログランキング
blogram投票ボタン にほんブログ村 小遣いブログ 主婦のお小遣い稼ぎへ
スポンサー広告 Trackback(-) | Comments(-) | [編集] | 投稿者 kyaro ri
アンケートサイトの始め方・登録方法の手順
アンケートサイトに登録する際に必ず必要なフリーメールアドレスが用意できたら、アンケートサイトに登録してみましょう!
アンケートサイトの一番のおすすめ「マクロミル」での手順を紹介します!

ネット銀行の口座を持っていたほうが便利ですが、銀行口座は換金する時までに用意すれば大丈夫です。


アンケートサイトの始め方その1 登録する


まず、マクロミルに登録しましょう。

マクロミルへ登録

マクロミルをクリックして、「マクロミルモニタに登録する」をクリックします。
  ↓
次のページの「モニタ規約に同意する」にチェックを入れて、「ご登録情報の入力」をクリックします。
  ↓
次のページは、個人情報の入力になります。
氏名、メールアドレス、住所、性別、年齢など、正確に入力してください。
銀行口座の名前と登録した名前が違うと換金できないので、本名で登録しましょう。
(詳しくはアンケートサイトには本名で登録するの?の記事を参考にしてください)

全て入力したら、「登録情報確認」をクリックして、仮登録を完了させます。
  ↓
仮登録が完了すると、マクロミルから登録したメール宛に本登録確認メールが届きます。
届いたメールの本文中に、本登録用のURLがあるのでクリックをすると、登録が終わり、アンケートに答えてゆくことが出来ます!


アンケートサイトの始め方その2 アンケートに答える


登録が完了すると、マクロミルにログインできるようになります。
登録したメールアドレスとパスワードでログインします。
ログインすると、このようなアンケートの一覧が見れるページになっています。

アンケートタイトル横のオレンジ色のボタンをクリックすると、アンケートに答えることが出来ます。
マクロミルから登録したメールに、アンケートの依頼がくるので、登録した後はメールをチェックしましょう!

ちなみに、マクロミルに新規会員登録後、1週間以内にアンケートに答えると30ポイントもらえます!!
確か、登録した後、すぐアンケート依頼があったと思うので、登録した後ログインしてアンケートに答えてみましょう(*´∀`*)

コツコツアンケートに答えて、500ポイント貯まったら、500円に換金することが出来ます。


アンケートサイトの始め方その3 ポイントが貯まったら換金する


マクロミルでアンケート依頼をこなし、500ポイント貯まると、自分の銀行口座に換金することが出来ます!
マクロミルの場合、楽天銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の口座に手数料無料で換金することが出来ます

マクロミルにログインをし、左側の「ポイント交換申込み」をクリックすると換金手続きをすることが出来ます。




アンケートサイトでのお小遣い稼ぎの流れはこんな感じです。
マクロミル以外にもアンケートサイトは沢山ありますが、どのサイトも流れは同じです。
初心者さんおすすめアンケートサイトや、おすすめアンケートサイト一覧を参考に、アンケートサイトに登録してくださいね!

ちなみに、今まで一番高かったネット上でのアンケート報酬は1,000円でした(*´∀`*)
infoQでのモニターアンケートも当選したことがあり、その報酬は6,000円でした!

報酬が高い分、いっぱいのアンケート項目があって時間はかかりましたが、アンケートに答えるだけで1,000円もらえたのでこれはおいしい!!
本調査の依頼があったら、逃さず答えましょう!!
一気に稼げますよ♪
関連記事


関連カテゴリー シェアしてくれるとうれしいです♪クリック

ブログランキング
blogram投票ボタン にほんブログ村 小遣いブログ 主婦のお小遣い稼ぎへ
アンケートサイト初心者講座・稼ぐコツ Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] | 投稿者 kyaro ri
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 子育てしながらお小遣い稼ぎ ネットで内職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    美容用品 /妊娠.出産
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。