スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連カテゴリー シェアしてくれるとうれしいです♪クリック

ブログランキング
blogram投票ボタン にほんブログ村 小遣いブログ 主婦のお小遣い稼ぎへ
スポンサー広告 Trackback(-) | Comments(-) | [編集] | 投稿者 kyaro ri
googleの検索順位とキーワードの乱用について
今までサイト作成をしてきて、グーグルの検索順位が急に落ちたことがあります。
2つのサイトで経験したんですが、今はどちらのサイトも復活しています。

そしてまたもや開設して1年弱ほどのブログが検索圏外に・・・。+゚(゚´Д`゚)゚+。

どうも今回の検索順位の下落の原因は、以前のものと違うようなので、どうしたものかと思い、グーグルの検索順位についてまたもや調べてみました。


中身の無いアフィリエイトリンクばかりのサイトはグーグルに嫌われる


この原因で一度検索圏外へ飛ばされたことがあります。
とあるサイトを作成する際に、

「ほかの方はどんな感じでアフィリエイトサイトを作ってるのかなぁ・・・」

と思い、同じジャンルのサイトを色々見て回っていると、サイドバーにメニューと間違えそうな感じでアフィリエイトリンクが貼ってあるサイトを沢山発見しました。
私的には、サイドバーには自分のサイトのリンク(内部リンク)を掲載するものとばかり思っていたので、目からうろこでした。

「サイドバーにアフィエイリトリンクを貼るだけで(リンクテキスト)成果が上がるのか~??」

と疑問に思いながら実行してみた所、何日か後に検索で全く引っかからなくなりました(;´д`)


今回調べてみて発見したのですが、グーグルがアフィリエイトプログラムを使用したサイトについて、きちんと書いてました。
アフィリエイトプログラムを利用したサイトを作る際には、ユーザーにとって有益となる独自のコンテンツでウェブサイトを作成しなければならないのです。

  • サイトのごく一部にのみアフィリエイト プログラムのコンテンツを掲載する。
  • アフィリエイト プログラムを選択する際、対象のユーザーに適した商品のカテゴリを選択する。サイトのコンテンツに合ったアフィリエイト プログラムを選択することで、サイトの価値が高まり、Google の検索結果で上位に表示され、アフィリエイト プログラムから収益を得られる可能性が高くなります。
  • ウェブサイトでユーザーのコミュニティを形成する。
  • 常に最新で関連性の高いコンテンツを提供する。

引用元 → ウエブマスターツールヘルプ アフィリエイトプログラム

まだ読んだことが無い方は、アフィリエイトサイトを作る上で参考になるので是非目を通してくださいね!


重複するコンテンツ


物販サイトでこの理由で検索圏外へ飛ばされたこともあります。
商品一覧のページがあって、個別商品のページがあったとします。
その2つのページがほぼ同じ内容だとダメ、ということです。

ウエブマスターツールヘルプに、重複コンテンツのことが詳しく書いてあります。
回避する方法もあるようなんですが、よく理解できなかったので(難しかったので)個別商品紹介ページを作り変えて再審査してもらったら回復しました。


キーワードの乱用


そして今回の原因はなんだろうと思い調べまくっていたんですが、「キーワードの乱用」あたりに引っかかってそうだなぁ・・・と。
グーグルも、「キーワードの乱用はダメよう」と教えてくれてます。

参考になった記事は検索結果の挙動と順位急落について

自分ではキーワードの乱用なんてしてないのに・・・
と思っている場合でも、グーグル様から見たら使いすぎてる場合も多々あるようです。

title属性:
たとえば、
<a href="" title="キーワードA">キーワードA</a>
というような書き方は構造的には意味がありません。
なぜなら、title属性は、ある要素に対して補足情報を付け足す属性だからです。
同じキーワードを繰り返すよりは、何も書かない方が良いです。


らしいのです。
私はFC2ブログの場合、記事中にリンクを貼るとき URL マークを使ってました。
すると自然と
<a href="" title="キーワードA">キーワードA</a>
の形になりますよね??
コレはあまりよくないんだそうです。
<a href="" >キーワードA</a>
のほうが良いのだとか。

へぇ~
今までの書き方全部ダメやん・・・(;´д`)

確かに、グーグルが作ったページのリンクにはタイトル属性使ってません。
ということは使わないで良いってことですよね。
これから気をつけます。


もう一つは、見だしタグについて。

<h1>キーワードB</h1>
<h2>キーワードB+商品説明</h2>
<h2>キーワードB+商品説明</h2>
というような書き方は、蛇足になってしまいます。
たとえば「パンの焼き方」という本を考えてみてください。
目次を開くと、その章のひとつずつが

第一章 パンの焼き方 イースト菌とは
第二章 パンの焼き方 小麦粉の選び方
第三章 パンの焼き方 卵の割り方

と「著書名」が繰り返されています。
これは目次としての価値が低いですよね。
目次を見る人のことを考えれば、次のようになるはずです。

<h1>パンの焼き方</h1> (本のタイトル)
<h2>イースト菌とは</h2> (第一章)
<h2>小麦粉の選び方</h2> (第二章)
<h2>卵の割り方</h2> (第三章)


むむ~!
そうだったのかぁ・・・
結構この書き方してました。ハイ。

今回の原因は、SEOを意識しすぎてキーワードを無意識に使いすぎている、ということなのかもしれません。
もう一つ気になる点があるので、回復したらまた報告します・・・。。。ρ(-ω- )

早く回復してくれることを祈りつつ、グーグルって意外と親切なんだなとウエブマスターツールヘルプを読みながら思ったのでした。
SEOのことで分からないことがあったら、まずはウエブマスターツールヘルプを熟読するといいですね。
読んでも良く分からないことも多いですけど、2度3度、頑張って読んでます。
頭イタイ・・・(;´д`)
関連記事


関連カテゴリー シェアしてくれるとうれしいです♪クリック

ブログランキング
blogram投票ボタン にほんブログ村 小遣いブログ 主婦のお小遣い稼ぎへ
SEO対策 Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集] | 投稿者 kyaro ri
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-07-05 火  17:23:35 |  URL |  # [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 子育てしながらお小遣い稼ぎ ネットで内職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    美容用品 /妊娠.出産
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。